VAPE(電子タバコ)で CBD を摂取して “キマる” などの効果はあるのか?

CBDについて CBDの特徴 よくある質問

VAPE(電子タバコ)で CBD を摂取して “キマる” などの効果はあるのか?

投稿日:2018年4月18日 更新日:

VapeMania の店頭でよく聞かれるのが「VAPE で CBD(カンナビジオール)を摂取して “キマる” などの効果はあるのか?」というご質問です。

何をもってしてキマるのかといえば、恐らくハイになるのかどうかということだと思いますが、CBD を扱うお店としてはっきりお答えさせていただきましょう。

Ans. キマらない。

結論からお伝えしますが、キマるというようなことはありません。

CBD は大麻由来の成分となりますが、いわゆるハイになるという精神作用があるのは THC という成分なのです。

それではまず世界的に大麻はどのように捉えられているのか見てみましょう。

世界的な大麻の位置づけ

国際条約や各国の法律により規制されている

国際条約というのは麻薬に関する単一条約となり、1961年に採択されて日本は1964年に加盟しています。

大麻はアメリカの連邦レベルでスケジュールIの規制薬物に指定されていて、処方や効果の研究は厳しい管理下に置かれ、日本と同様にアメリカも国際条例の加盟国です。

近年では大麻に対して捉え方が変わってきている

現在では州法においてアメリカの様々な州で大麻が合法化となり、ヨーロッパでは娯楽目的で使用する量を規定して単に罰金とする非犯罪化が進み、医療に限って許可をする国も出てきています。

国連の世界保健機関(WHO)は大麻や THC の規制の見直しに向けて加盟国らが話し合いに参加することを呼びかけているなど、大麻に対する見解がこれまでと異なってきています。

参考国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集

日本での大麻の位置づけ

大麻取締法で規制されている

大麻取締法とは大麻の所持、栽培、譲渡等に関する日本の法律です。

日本はもとより日本国外で大麻をみだりに輸出入・栽培・譲渡し・譲受け・所持等の行為をした日本人には、日本の法律により処罰の対象となります

大麻の一部分には規制がない

ただ大麻取締法の第1条では葉と花穂、その製品を規制しているのですが、成熟した麻の茎と種から抽出したものに規制はありません

ですので、成熟した麻の茎と種から抽出した CBD であれば何ら問題はなく、日本国内への輸入や日本での使用が認められているのです。

一方で THC は日本において麻薬及び向精神薬取締法により麻薬に指定されているので、その含有成分である THC を用いたものに関しては規制があります

THC(テトラヒドロカンナビノール)について

多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬

大麻によってハイになる成分が THC となります。

ただ、ハイになるとはいってもアルコールを摂取したときと似たような酩酊感や倦忘感を有する程度。

周囲の人々に対して親近感を持ち、平和に酔いつぶれたようになるくらいで酒乱のような騒ぎを起こすことはありません。

CBD(カンナビジオール)について

CBD はカンナビノイドのひとつで間違いなく大麻由来の成分となります。

大麻 = ハイになるという先入観があるからこそ、VAPE で CBD を摂取してキマるなどの効果はあるのか?という疑問が浮かぶのだと思いますが、例え大麻だとしてもハイにならないものもあるのです。

例えば医療大麻がそうでしょう。

CBD には医療用途があると認められている

CBD は広く医療への応用の可能性があるとみなされていて、WHO に複数の医療用途があると認められています。

THC のような典型的な精神作用はなくて、動物研究およびヒトで乱用、依存、身体依存、耐性は見られず、多くの試験から良好な安全性の特徴や忍容性が報告されてます。

つまり CBD をいくら摂取しても、いわゆるハイな状態にはならないのでキマるといったこともないのです。

キマるといったことがない CBD をわざわざ摂取する目的というのは人それぞれですが、実際に摂取するとどのような恩恵を得られるのでしょうか?

CBD リキッドを摂取する

CBD リキッドを摂取された方々の声

上記の通り CBD を摂取なさっている方々にはそれぞれ納得する部分があり、定期的に摂取されている人が多いようです。

ただ、CBD 製品には CBD オイルや CBD ペーストといったものもあるのに、どうして CBD を摂取するのに VAPE がいいのでしょうか?

CBD を摂取するのにどうして VAPE がいいのか?

こちらの記事でも説明しましたが、大きな理由のひとつとして生体利用効率の高さが挙げられます。

CBD オイルや CBD ペーストに比べて CBD リキッドは CBD の含有量が低いですが、蒸気から摂取するので生体利用効率が最も高くなるのです。

CBD リキッドでは摂取しすぎる、20歳未満の方、蒸気摂取が苦手な人などはオイルやペーストを選ぶといいでしょう。

CBD は健康食品として流通している

現在、CBD を含む製品は医薬品ではないので、健康食品として扱われています。

ですので、位置付けとしては CBD オイルや CBD ペーストと同じく、サプリメントということになるのです。

そのため薬事法が適用となり、伝えたいことがうまく伝えられない部分もあるのですが(汗)

だからこそ VapeMania では CBD リキッドの試飲とお客様のレビューに力を入れています。

やはり CBD リキッドは実際にお試しいただくのが一番ですから、店舗での試飲は予約優先とはなりますけれども、気軽にお越しいただけましたら幸いです。

yuge
是非お待ちしています♪

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC55 CBD570mg/1000mg

人気・実力ともにナンバーワン。CBD ジェルワックスならまず間違いのない、手放しで絶賛できる CBD ワックスです。。CBD がどのようなものか一度で知りたいというビギナーの方から、これまでさまざまな CBD リキッドを嗜んでこられたベテランの方までご満足していただけます。

No.2 Koi Spectrum Cartridge 1.0ml / CBD50%:フルスペクトラム CBD カートリッジ

手軽に超高濃度 CBD リキッドを楽しむのなら、MCT オイルベースの Koi Spectrum Cartridge がオススメ。ランキング No.1 のジェルワックスと何ら遜色のない満足感が得られますし、ジェルワックスを “すくい取る” というひと手間が面倒に感じる人には打ってつけです。

No.3 CBDFX Rainbow Candy 1000MG (30ml)

カリフォルニアからやってきた黒船、フレーバーに定評のある CBDFX Rainbow Candy が第3位にランクイン。Skittles(スキットルズ)というキャンディの味を再現した Rainbow Candy は、レモンとオレンジの風味がさわやかに鼻孔を抜けていった後にグレープが感じられるフレーバーです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuge(Store Manager)

yuge(Store Manager)

ドレッドヘアがトレードマークのベイパーです☆ Dead Rabbit SQ を乗せた iStick PicoFOG1 を愛用していて、好きなリキッドは最近ではサッパリとしたフルーティー系に傾倒してきています♪故にオススメの CBD リキッドは【#PEACH】と【PINK Koi】です!

-CBDについて, CBDの特徴, よくある質問

Copyright© VapeMania , 2019 All Rights Reserved.