よくある質問

CBD製品のディスティレート CBD(Distillate CBD)とは?

2019年12月7日

CBD製品は、現在原料だけ輸入し日本で梱包し卸をしている業者さんや、原料販売のみの業者さんなどもおります。

数多の業者が混在するようになり、数え切れない商品が日本中で販売されるようになりました。

また、そのような中でもまだまだHEMPの研究自体は発展途上で、様々なエフェクトを得られることがわかっているものの、まだまだ不思議がいっぱいです。

そのような中、現在欧米では

フルスペクトラム CBD

CBD 製品におけるフルスペクトラム(FULL SPECTRUM)とは?
CBD 製品におけるフルスペクトラム(FULL SPECTRUM)とは?

CBD 製品をチェックしていると、よく目にするのがフルスペクトラムという言葉。 FULL SPECTRUM CANABINOIDS とも表記されていたりして、CBD 製品を取り扱う者としては非常に気に ...

ブロードスペクトラム CBD

CBD 製品における「ブロードスペクトラム」とは?
CBD 製品における「ブロードスペクトラム」とは?

CBD 製品で最近よく目にするブロードスペクトラムという言葉。 あなたも気になったからこそ、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。 簡潔にお伝えしますと「製造方法の違い」となり、アイソレート C ...

と並んで、

ディスィティレート CBD (Distillate CBD)の製品が、業界を席巻しております。

2020年はディスティレート CBDが日本にも続々上陸してくることでしょう。

その前に予習しておくことで、他との違いやメリット・デメリットを把握しておくと、商品選びのヒントになります。

ディスティレート とは?

ディスティレート = Distillate とは直訳すると蒸留と言う意味です。

蒸留とは、液体などの温度をあげて沸騰させて気化させたものを、冷却して液体や固体に戻すことを言います。

よく使われるのは蒸留酒。

蒸留酒の多くはアルコール度数が高いものになっております。

酵母発酵でのアルコールですと、実は度数の限界はせいぜい20%程度。

一度蒸留させることによって、アルコール度数をあげる方法で、蒸留酒と言うものは作られます。

蒸留酒 a.k.a スピリッツ と呼ばれるので、度数が高いものがイメージされると思います。

(度数が低い蒸留酒もありますが、割愛します。)

蒸留酒の場合には、エタノールを一旦気化させて冷却、液体に戻してお酒に足していきます。

蒸留するCBD とはなんなのか?

これはCBDを蒸留するといったことよりも、HEMPを蒸留するのです。

HEMPはその性質から、地中にある重金属なども含んで成長してしまうことが知られています。

(周りの土壌も綺麗にしてしまう優れもの)

HEMPオイルを蒸留し、それぞれの沸点により蒸留したものから不純物を取り除き、カンナビノイドを組み合わせる。

あるいは脱炭酸で高濃度のCBDオイルを抽出、そこからTHCと残留物質や重金属などを取り除いて、残ったカンナビノイドをまとめる方法などがございます。

いずれにしても、欧米でも2019年頭頃から多くのメーカーが選定し始めた新たな抽出方法となっております。

目的は不純物なく、なるべくピュアな製品を作るため。

ディスティレート CBDはフルスペクトラムなどと同じ、製法の名称とも言えます。

アイソレート CBD とは違う?

蒸留する過程では、カンナビノイドを抽出する状況になります。

この時、実は天然植物性のテルペンは沸点を超えてしまいますので、蒸留することが難しくなります。

植物性テルペンは、これまでのフルスペクトラム CBD製品や、ブロードスペクトラム CBDの製品でも、カンナビステルペンを完全プロファイルして、組み合わせることが出来るので、その点は問題がありません。

また、ピュア(Pure)といわれれば一部の人は、アイソレート CBDやCrystal CBDと呼ばれる、99%などを思い浮かべる人も少なくないと思います。

ディストレイト CBDの場合には、抽出したカンナビノイドはCBDだけに止まらず、ほかのカンナビノイドを有することがほとんどで、ブロードスペクトラム CBDと≒と言えるでしょう。

ディスティレート CBD 製品の成分表一例

ディスティレート CBD 製品の成分表

ディスティレート CBDのメリット デメリット

メリット

ディスティレート CBDの場合には、不純物がまず入ってきません。

かなりクリアな状態、これを欧米ではPureと呼ぶことが多いのですが、その理由は重金属や不純物がないものがほとんどだからです。

そのため、CBD以外のカンナビノイドを多量に含む場合であっても、

  • オイルやVapeが作れる。
  • エディブル (食品)も作れる。

CBD グミ

といった、どんな製品も作れるメリットがあります。

食品が作れるレベルなら、化粧品も当然いけます。

デメリット

ディスティレート CBDは超臨界抽出ではなく、一度蒸留させる過程で、沸点の低い

  • ミネラル
  • 天然のテルペン

などは蒸発してしまいます。

つまり、フルスペクトラム CBDと比べると、天然ミネラルや天然テルペンがなくなってしまうのがデメリットなのです。

しかし、テルペンに関しては製品化の前段階で、完全プロファイルした植物性テルペンを加えることが出来るので、カバー出来ます。

まとめ

2020年に向けて、ディスティレート CBDは重要な位置付けになることは間違いありません。

アメリカではTHC製品、CBD製品どちらも主流となってきており、新興メーカーはどんどんと製品を投入してきております。

またヨーロッパでは、少し前から注目が高まり、ワックスなども見受けられるようです。

CBD新時代の雄になることは間違いないでしょう。

2019年12月現在 VapeMania 取り扱い ディティレイト CBD 商品

当店での取り扱い商品は、CBDfx の ブロードスペクトラム CBD 製品は、with Terpenes リキッドを除いた全ての商品が、

ディスティレート CBD になります。

CBDテルペン VAPEペン 50mg シリーズ

CBDfx テルペンペン

テルペンが配合された CBD リキッド Disposableの6フレーバー、これらはすべてディスティレート CBD です。

CBD オイル CBDfx ティンクチャー シリーズ

CBDfx ティンクチャー

現在商品ページリニューアル中です。

CBDfx CBDカーミングバーム150mg

CBDfx CBDカーミングバーム

CBDfx CBDグミ

CBD グミ

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC68 CBD680mg/1000mg

人気・実力ともにナンバーワン。CBD ジェルワックスならまず間違いのない、手放しで絶賛できる商品です。CBD がどのようなものか一度で知りたいというビギナーの方から、これまでさまざまな CBD リキッドを嗜んでこられたベテランの方までご満足していただけます。こちらの商品はデバイスとのセット購入も可能です。 Quaser セット  CS MOD セット

3G の商品をご購入いただきますと airis Quaser のコイルが2つ付いてくるのでお得です。 Quaserコイル2個付【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC68% CBD2040mg/3000mg

No.2 AZTEC CBD&VapeMania LimitedEdition ブロードスペクトラムCBD89%ワックス 1G 和み -Nagomi-

和みはイギリスの大手 CBD メーカーである AZTEC 社と VapeMania のダブルネーム商品です。特徴はブロードスペクトラム製法であること、そしてテルペンが豊富に含まれているのでアントラージュ効果に大きな期待を寄せることができます。こちらの商品はデバイスとのセット購入も可能です。 Quaser セット

3G の商品をご購入いただきますと airis Quaser のコイルが1つ付いてくるのでお得です。 AZTEC CBD&VapeMania LimitedEdition ブロードスペクトラムCBD89%ワックス 3G 和み-Nagomi- Quaserコイル付

No.3 Sakura Spectrum Cartridge 1.0ml / CBD50%:フルスペクトラム CBD カートリッジ (初回ロットのみ0.5mlx2個)

手軽に超高濃度 CBD リキッドを楽しむのなら、THC フリーの Sakura Spectrum Cartridge がオススメ。ジェルワックスを “すくい取る” というひと手間が面倒に感じる人には打ってつけです。こちらの商品はデバイスとのセット購入も可能です。 MAX BATTERY セット

超絶お得な3個セットもございます。 3個 セット

-よくある質問

Copyright© VapeMania , 2020 All Rights Reserved.