カンナビノイドとテルペン類の沸点と CBD の燃焼温度

CBDリキッド

カンナビノイドとテルペン類の沸点と CBD の燃焼温度

投稿日:2018年5月16日 更新日:

これまで何気なしに VAPE で CBD を蒸気摂取していましたが、、

yuge
適切な温度ってあるの?

ふとした疑問が思い浮かびました。

せっかく CBD を摂取するのであれば、もっとも効率よく摂取したいですよね?

そこで CBD リキッドは蒸気摂取することから気化する温度に注目してみました。

まずはカンナビノイドとテルペン類の沸点について見ていきましょう。

カンナビノイドの沸点

CBD(カンナビジオール)

Cannabidiol
沸点:160-180℃ / 320-356°F

CBD は癲癇(てんかん)の発作、疼痛、血糖値、糖尿病、ストレス関連障害、不眠などの症状に対してポジティブな働きかけをすることが示されています。

精神作用もないので子供や高齢者の方でも摂取することが可能となり、海外では実際に多くの患者が CBD を摂取して体の調子を整えているのです。

CBDとは?

当サイトで取り扱っている Vape リキッドの中でも爆発的な人気を誇っているのが CBD リキッド。 Vape 玄人・初心者を問わず多くの人に興味を持っていただいております。 CBD は世界的に注目さ ...

CBC(カンナビクロメン)

Cannabichromene
沸点:220℃ / 428°F

CBC は炎症や疼痛の緩和に役立つとされていて、特に不安やストレスに対してのアプローチは CBD よりも約10倍も高いとの報告があります。

CBG(カンナビゴール)

Cannabigerol
沸点:N/A

CBG は緑内障の治療に有益な眼内圧を緩和することが示されているほか、炎症性腸疾患、がん細胞の増殖の阻害、不眠症、不安や筋肉の緊張を減らすなど、さまざまな分野で必要としている人に求められています。

CBN(カンナビノール)

Cannabinol
沸点:185℃ / 365°F

CBN は不眠症に有用とされ、制吐剤および抗けいれん剤としても注目されています。

また、ほかのカンナビノイドと比べてより強い鎮静作用を有することが知られている成分です。

テルペン類の沸点

カンナビスには約200種類のテルペン類が含まれているのですが、その中でも代表的なテルペンはこちらの記事をご覧ください。

フルスペクトラムの CBD 製品に含まれるテルペンとは?
フルスペクトラムの CBD 製品に含まれるテルペンとは?

フルスペクトラムの CBD 製品を追求していくと、必ずといって良いほど出てくるテルペンという言葉。

ここでは沸点のみ記載します。

ミルセン

myrcene
沸点:166-168℃ / 330-334°F

ユーカリプトール(シネオール)

cineole(eucalyptol)
沸点:176-177℃ / 348-350°F

リモネン

limonene
沸点:176℃ / 348°F

ピネン

pinene
沸点:155-156℃ / 311-312°F

リナロール

linalool
沸点:198℃ / 388°F

β-カリオフィレン

β-caryophyllene
沸点:126-129℃ / 258-264°F
大麻草に含まれる「β(ベータ)カリオフィレン」の特徴と香りが及ぼす効能
大麻草に含まれる「β(ベータ)カリオフィレン」の特徴と香りが及ぼす効能

フルスペクトラムの CBD 製品にはテルペン類が含まれていますが、その中でもβカリオフィレンが特別な働きをして相乗効果をもたらしてくれます。 それがアントラージュ効果と呼ばれるもの。 βカリオフィレン ...

CBD の燃焼温度

CBD の燃焼は約 230℃(450°F)辺りで始まって、290℃(550°F)で完全に燃焼します。

燃焼によって多くの活性成分が失われてしまうので、燃焼点よりも低い気化点で摂取することにより活性成分は失われず、成分を純度そのままに楽しむことができます。

CBD リキッドを気化させる適切な温度

159℃ / 319°F 以下

no good

CBD の気化する温度が160-180℃となりますから、それ以下の温度では CBD が気化せず蒸気摂取することができません。

ですので、159℃以下は不適切であるといえます。

180℃ / 356°F

good

この温度なら CBD がしっかり気化した上で、燃焼点も超えない適切な温度であるといえるでしょう。

ただし、フルスペクトラム製品にはテルペン類が含まれていますので、リナロールを気化させるためにも 200℃ を目安としてください。

CBD 製品におけるフルスペクトラム(FULL SPECTRUM)とは?
CBD 製品におけるフルスペクトラム(FULL SPECTRUM)とは?

CBD 製品をチェックしていると、よく目にするのがフルスペクトラムという言葉。 FULL SPECTRUM CANABINOIDS とも表記されていたりして、CBD 製品を取り扱う者としては非常に気に ...

230℃ / 446°F 以上

no good

241℃ / 465°F 以上になってしまいますと燃焼点を越えてしまうので、CBD の活性成分が失われてしまう可能性があります。

よって、241℃以上になることは控えた方が良いといえます。

まとめ

CBD は 160℃~180℃ で気化して約 230℃ 辺りで燃焼が始まることから、摂取する際には最低でも 180℃、最高でも 225℃ 辺りにとどめておくのが適切であるといえます。

ですから、温度管理機能が付いたデバイスで CBD を摂取するのが、もっとも効率よく CBD を摂取できるのです。

オススメ iStick Pico

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

No.1 PharmaHemp E-LIQUID CBD500mg PREMIUM BLACK LIME FLAVOR 10ml

ランキング1位に君臨する理由はスッキリとしたライムのフレーバーが美味なのはもちろんのこと、CBD 以外のカンナビノイドやテルペン類によるアントラージュ効果に大きな期待が寄せられるからです。これは単一の CBD リキッドとは別物といえる新感覚 VAPE リキッドです!

No.2 PharmaHemp CBD500MG 10ml #PEACH

爽やかでサッパリとしていて吸いやすいリキッドになっています。黄桃よりも白桃に寄せて作られたピーチの再現度が非常に高いフレーバー。CBD が入っているのも忘れてチェーンスモークしてしまう美味しさを是非とも体感してみてください。

No.3 PINK Koi CBD 1000MG (30ml)

PINK Koi CBD 1000MG はサッパリとしたフルーティーな味わいで、甘さとフレッシュさが絶妙なハーモニーを奏でる甘美なリキッド。おしとやかで耽美な匂いが魅力を放っています。万人受けする間違いのない CBD リキッドをお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuge(Store Manager)

yuge(Store Manager)

ドレッドヘアがトレードマークのベイパーです☆ Dead Rabbit SQ を乗せた iStick PicoFOG1 を愛用していて、好きなリキッドは最近ではサッパリとしたフルーティー系に傾倒してきています♪故にオススメの CBD リキッドは【#PEACH】と【PINK Koi】です!

-CBDリキッド

Copyright© VapeMania , 2018 All Rights Reserved.