CBD オイルと CBD リキッドのコストパフォーマンス比較

CBD オイル CBDオイルとの比較

CBD オイルと CBD リキッドのコストパフォーマンス比較

投稿日:2018年2月9日 更新日:

CBD 製品はどうしても値が張ってしまいます。

高価なものですが継続した摂取をしてこそ最大の恩恵を得られるので、出費がかさんでしまうのは避けられません。

そこで実際に CBD を摂取していくのに CBD オイルと CBD リキッドでは、コストにどれくらいの差が出るのか比較してみました。

比較商品

まず CBD が血流に届く生体利用効率で比べるのではなく、純粋な含有量で比較したいと思います。

CBD オイル

bluebotanicals

こちらは 30ml のボトルに 250mg の CBD が含まれたブルーバードボタニカルズ社の製品となり、お値段は6,964円です。

CBD リキッド

bluekoi

こちらは当店 VapeMania で最も人気のある商品のひとつ、BLUE KOI 250MG CBD (30ml) となり、お値段は4,780円です。

それではこの CBD オイルと CBD リキッドのコストパフォーマンスを比較していきます。

1本目の比較

CBD オイル

CBD オイルは経口摂取となるので本体価格である6,964円以外に費用はかかりません。

ですので、1本目の合計金額は6,964円となります。

CBD リキッド

CBD リキッドは蒸気で摂取するので専用のデバイス(機器)が必要となり、本体価格の4,780円とは別に初期費用としてデバイスの価格が含まれます。

VapeMania では JUSTFOG FOG1 というスターターキットを取り扱っているのですが、価格も4,380円(会員価格3,800円)とお手頃なのでこちらのデバイスを使用。

Pen タイプ最強と謳われる FOG1(フォグワン)のレビュー
オールインワンタイプ最強と謳われる JUSTFOG FOG1(フォグワン)のレビュー

JUSTFOG(ジャストフォグ)の Vape スターターキットである FOG1(フォグワン)ですが、オールインワンタイプで安価な上に質の良い商品となっています。 最初の一服をしただけで「これは良い」と ...

ですので、1本目の合計金額は 4,780円 + 4,380円 = 9,160円 となります。

CBD オイルと CBD リキッドを初回購入したときの差額

6,964円(CBD オイル)- 9,160円(CBD リキッド)= -2,196円

初回購入ではデバイスが必要となる CBD リキッドの方が高くなってしまうのは仕方ありません。

それでは2本目を購入した場合どうなるのか見てみましょう。

2本目の比較

CBD オイル

CBD オイルは本体価格のみなので料金はこうなります。

6,964円(1本目)+ 6,964円(2本目)= 13,928円

CBD リキッド

もうデバイスを購入する必要はないので、2本目を購入した場合はこうなります。

9,160円(1本目 + デバイス)+ 4,780円(2本目)= 13,940円

CBD オイルと CBD リキッドを2本目購入したときの差額

13,928円(CBD オイル)- 13,940円(CBD リキッド)= -12円

2本目を購入した時点で差額はわずか12円となり、デバイスを購入しても CBD リキッドの方がコストパフォーマンスに優れていることがわかります。

3本~12本目以降の比較

1か月に1本摂取すると仮定して1年間でかかる費用の差額を見てみましょう。

3本目2,172円
4本目4,356円
5本目6,540円
6本目8,724円
7本目10,908円
8本目13,092円
9本目15,276円
10本目17,460円
11本目19,644円
12本目21,828円

このように年間で考えると2万円もの差額となってしまいます。

1か月に2本摂取するなら約4万円、3本摂取するなら約6万円と、本数を増やせば増やすほど CBD リキッドの方がコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

ただこれは CBD の含有量で比較した場合となり、血流に到達する生体利用効率で考えるとさらに差は開くのです。

CBD オイルと CBD リキッドの生体利用効率

舌下に垂らして経口摂取する CBD オイルは15%ほど、デバイスで蒸気化させる CBD リキッドは50~60%程度だといわれています。

CBD オイルよりもコストパフォーマンスに優れる CBD リキッド
CBD オイルよりもコストパフォーマンスに優れる CBD リキッド

CBD 製品というのは決して安いものではありません。 しかしながら継続して摂取することが重要なので、それなりの出費がどうしても必要となってしまいます。 ですので、そういった中でもいかにコストパフォーマ ...

つまり、上で比較した 250mg の CBD が含まれた製品をそれぞれ摂取した場合、CBD リキッドは 125~150mg が血流に到達するということになります。

しかし CBD オイルは 37.5mg しか血流に到達しないことになるので、CBD リキッドと同じ量を摂取するには 30ml のボトルで 1500~2000mg の CBD が必要となるのです。

endoca

こちらが 10ml に 1500mg の CBD が含まれたエンドカ社の製品となり、23,980円で販売されています。

まとめ

CBD オイルには CBD 以外にも様々な成分が含まれているので一概に比べることはできないのですが、CBD を摂取したいという理由であればリキッドの方がコストパフォーマンスに優れているといえます。

また、VapeMania で購入すればポイントが付与されるので、さらにお得に CBD リキッドを購入することが可能です。

店舗まで足を運んでいただけるのであれば、試飲することも可能なのでぜひお立ち寄りくださいね。

yuge
そういったわけで僕はCBDリキッドを摂取し続けていきます。

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC55 CBD570mg/1000mg

人気・実力ともにナンバーワン。CBD ジェルワックスならまず間違いのない、手放しで絶賛できる CBD ワックスです。。CBD がどのようなものか一度で知りたいというビギナーの方から、これまでさまざまな CBD リキッドを嗜んでこられたベテランの方までご満足していただけます。

No.2 Koi Spectrum Cartridge 1.0ml / CBD50%:フルスペクトラム CBD カートリッジ

手軽に超高濃度 CBD リキッドを楽しむのなら、MCT オイルベースの Koi Spectrum Cartridge がオススメ。ランキング No.1 のジェルワックスと何ら遜色のない満足感が得られますし、ジェルワックスを “すくい取る” というひと手間が面倒に感じる人には打ってつけです。

No.3 CBDFX Rainbow Candy 1000MG (30ml)

カリフォルニアからやってきた黒船、フレーバーに定評のある CBDFX Rainbow Candy が第3位にランクイン。Skittles(スキットルズ)というキャンディの味を再現した Rainbow Candy は、レモンとオレンジの風味がさわやかに鼻孔を抜けていった後にグレープが感じられるフレーバーです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuge(Store Manager)

yuge(Store Manager)

ドレッドヘアがトレードマークのベイパーです☆ Dead Rabbit SQ を乗せた iStick PicoFOG1 を愛用していて、好きなリキッドは最近ではサッパリとしたフルーティー系に傾倒してきています♪故にオススメの CBD リキッドは【#PEACH】と【PINK Koi】です!

-CBD オイル, CBDオイルとの比較

Copyright© VapeMania , 2019 All Rights Reserved.