CBNとCBDの違いは?

成分について

CBDとCBNの違いは?

2021年7月21日

2020年の冬から急激に話題性が高まったのが、超レアカンナビノイドCBN。

これまでにもCBGなどのレアカンナビノイドがCBDとは違った薬効に注目、2019年頃に北米を中心にブームが始まり、スペインではTHC0%、CBG18%の品種作成に成功し、カナダのベンチャーが権利を買収するなど、一歩も二歩先を行く状態が続きました。

とてつもないマネーが流れ込み、アメリカではCBGに特化した会社が出来るほどでした。

CBGとは?

CBGとは
CBGとは? カンナビゲロール (cannabigerol) 人気の秘密

CBGがCBDより10倍売り上げている。 ある日、こんな記事を目にしました。 あまりに驚き、何度か見直すほどでした。 10倍? 当店でも、レアカンナビノイド の入ったブロードスペクトラムやフルスペクト ...

さて現在のところ、CBNに特化した品種改良の成功について、正式な情報と言われるものは見られません。

但し、2020年からアメリカでも市場で大きな話題になっていることは確かです。

そして、カンナビノイド研究の会社も医療的に注目している理由とは?

CBDとCBNの違い。摂れる量が違う

HEMPファーム光合成
CBDはHEMPから摂れるカンナビノイドでは、2番目に多く摂れるカンナビノイドです。

かたやCBNは1%未満と摂るのが難しいとされていますが、THCの熱分解が進むとCBNになります。

カンナビノイドの研究自体が始まったばかりではありますが、既に難治性癲癇の処方箋にもなっているCBDは1日2件も3件も論文が上がり急ピッチで研究が進んでいます。

欧米を中心にCBDのHEMPは広く生産されるようになり、研究も市場利用も加速すると見込まれています。

CBDとCBNの違い。体内での働き方に違い

カンナビノイドの変遷

勿論どちらもHEMPから摂れるカンナビノイドの一種なのですが、実は体の中での働き方は全く異なるとされています。

CBD...CBDはエンドカンナビノイド、アナンダミドの分解速度を1/2にするとされていたり、TRPV1受容体(別名カプサイシン受容体、痛みの増強メカニズムに関わる)やセロトニン受容体に直接働きかけますが、CB1受容体やCB2受容体への直接的な働きかけはしないのです。

その為、何割かの人は体感を得づらく沈黙のリラクゼーションと言えます。

CBN...CBNはカンナビノイドが形成される順序がTHCからのみで(THCA,THCV含む)、CBDからは形成されません。

その為、脳内を中心に存在するCB1受容体にも、体内至るところに存在するCB2受容体にも直接働きかけます。

かといって、THCが生み出す高い高揚感、いわゆるHIGHを生み出すことはありません。

CBNとは?
CBN とは? Cannabinol / カンナビノール について解説

CBNはCBD,THCと並んで三大カンナビノイドと呼ばれるものの一つです。 これまでのカンナビノイドの中で、最もテルペンとの相性がいいカンナビノイド。これを覚えておいてください。 異性体(同じ数、同じ ...

脳内にあるCB1受容体への働きかけが、CBDを上回るキャッチーな感覚を得る事があると言われています。

CBDとCBNの違い。テルペンとの相性、後者のほうが上

アントラージュ効果が一発でわかる写真

カンナビノイドを語る上で、テルペンやミネラル、ビタミン等が豊富に含まれるHEMPとの相互作用アントラージュ効果について切り離すことは出来ません。

改めてアントラージュ効果とは何なのか。

HEMP全草からの抽出物には通常、CBDやCBN等その他400種類以上含有され、更にテルペン(あるいはテルペノイド)が200種以上存在が確認されており、これら化合物やテルペンが相互に働いて、個々の化合物の働きを助け合い高め合うことを指します。

たとえば、単一のCBDを100ミリグラム投与するのと、全草から抽出されたCBDを100ミリグラム投与するのは同じことではないということになります。

テルペンの働きについての研究

2019年HEMPの世界最先端研究で知られるイスラエルでは、一次植物カンナビノイドとテルペノイドの関係を特定するために、主成分分析を行い、結果としてCBN及びTHCとテルペンで最も強い相関関係を表したことを示唆しています。

本来この実験の意図は、それぞれのテルペン及びそれぞれのカンナビノイドが持つ細胞死メカニズムについて相互作用がどの程度活性化されるかを測ることにより、テルペンとカンナビノイドの組み合わせによっての医療製品作成のために細胞毒性の有効性に変化があるかを調べたものです。[1]

CBDとCBNの違い。確認されている副作用、安全性

植物性カンナビノイドはまだ研究がされてから長い年月が経過していませんが、それでもこの数年、特にCBDはホットな研究材料としてこれまでに4,000を超える論文が掲載されています。

既に処方箋にもなっていることから分かる通り、臨床試験も行われプロファイルは安全な点が見て取れます。

反面処方箋になる以上、副作用が必ず明記されております。

一部処方箋の副作用にはこのように記されていますが、実際に副作用が示されたことは殆どなく、CBDの安全性は非常に高いとされます。( 肝酵素の増加、眠気、食欲減退、下痢、発熱、嘔吐、非常に疲れて弱い感じ、発疹、睡眠障害、感染症等)

また、CBNについてはこのような処方箋としての実績はまだなく、副作用についても言及が殆ど見られませんが、これは現状研究がCBDほど追いついていないことを示唆しています。

CBDの研究論文に対し、CBNはまだ700を超える程度しかありませんが、これからぐんぐんと増えていくことが考えられます。

CBNに期待されること

CBDレーダーチャート

CBNレーダーチャート

カンナビノイドやテルペンに期待されるのは医療的効果ではありますが、THCの生む陶酔作用についてクリア出来ることが慣れないユーザーや子どもたちへの医療への未来を切り開くポイントとなっております。

CBNはTHCの熱分解から生まれるため、CBDにはない受容体への働きかけ(CB1受容体への直接の働きかけ)の中で一部緩和ケアなどに必須な食欲への期待がされています。

それ単体では食欲への期待が高いとは言えないものの、テルペンとの相互作用等によっての薬効が期待され、研究が加速しています。

CBNでは陶酔作用を生むことはありません。

また他にも、CBNは抗菌や神経保護、眼圧を下げること(緑内障への研究)そして痛みの軽減、肝臓内でのCB1受容体への働きかけが強いことなどが確認され、経口摂取での大きな期待もあります。

市場も研究を待たず、アメリカでは夜用のCBNオイルなどが流行。ここ日本でもいくつかのCBNプロダクトが増えてきておりこれから様々な組み合わせの商品が出てくることが予想されます。

販売サイトにも一部、安全性の確認されたCBNが含まれた商品がございます。

VapeMania

[1]参考論文:Terpenoids and Phytocannabinoids Co-Produced in Cannabis Sativa Strains Show Specific Interaction for Cell Cytotoxic Activity 2-1 Phytocannabinoids–Terpenoids Multivariate Analysis

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC68 CBD680mg/1000mg

人気・実力ともにナンバーワン。CBD ジェルワックスならまず間違いのない、手放しで絶賛できる商品です。CBD がどのようなものか一度で知りたいというビギナーの方から、これまでさまざまな CBD リキッドを嗜んでこられたベテランの方までご満足していただけます。こちらの商品はデバイスとのセット購入も可能です。 Quaser セット  3G の商品をご購入いただきますと airis Quaser のコイルが2つ付いてくるのでお得です。 Quaserコイル2個付【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC68% CBD2040mg/3000mg

No.2 VMC オリジナル 和み Nagomi ディスティレート CBD 94% CBG2.9% ワックス 1G / 超高濃度 Distillate CBD WAX

VMC オリジナル 和み Nagomi ディスティレート CBD 94% ワックス 1G / 超高濃度 Distillate CBD WAXは、VMCの経験値を結集したブロードスペクトラムCBD ワックスで、ハイレベルな商品です。 お得なairsi Quaser (デバイス)セット

もご用意しております。

PharmaHemp Full Spectrum Cartridge 1.0ml / CBD40%:フルスペクトラム CBD カートリッジ

手軽にフルスペクトラム CBD を嗜むならば、THC フリーの PharmaHemp Full Spectrum Cartridge がオススメ。JELL WAXの手間や、テルペン不足で味が物足りなかった人には、こちらしかございません。また、デバイスとのセット購入も可能です。 フルスペクトラム CBD カートリッジ + airis Qute セット

-成分について
-,

Copyright© VapeMania , 2021 All Rights Reserved.