CBDについて

CBDリキッドを始める前に絶対知っておいて欲しい6つのコツ

投稿日:2017年11月16日 更新日:

CBD リキッドをお買い求めいただいた方の中に、リラックスできなかったという方もいます。

(※ CBD にはハイになる、キマるなどの成分は入っておりません。)

そこで今回は CBD リキッドを始める前に「絶対」知っておいて欲しい6つのコツをご紹介します。

①しっかり肺に溜める

まず何より一番重要なことは、「しっかり肺に溜める」ことです。

CBD リキッドを吸い込む前に、ゆっくり肺の中の空気を吐き出し、ゆっくり吸い込み、しっかり肺溜めます。

ゆっくり5秒息をはいて、ゆっくり5秒 CBD リキッドを吸い込み、5秒間 CBD リキッドを肺に留め呼吸を止めます。

呼吸が苦しい人は慣れるまで無理をせず少しずつで良いですが、 CBD リキッドを肺に留めるのは「長ければ長い方がいい」です。

そうすることで無駄なく CBD を摂取することができます。

すると吐き出す時には、ほとんどミストが出ない状態になりますが、それが良い状態になります。

CBD リキッドを上手に摂取する4つのポイント
CBD リキッドを上手に摂取する4つのポイント

CBD リキッドは VAPE リキッドとは吸い方が異なります。 ですので、吸い方によっては CBD リキッドが上手に摂取できないという場合もあるでしょう。 それでは非常にもったいないですし、CBD の ...

②使用前によく振る

リキッド内に漂う CBD 結晶はボトルの底に溜まりやすいので、使用前には「よく振って」からご使用下さい。

また CBD がスポイト部分などに結晶化してしまっている時は、こちらの記事も参考になると思います。

CBDリキッドが結晶化した場合、また最後に結晶が残った場合

CBDリキッドにつきものの結晶化。結晶化した場合について説明します。 目次CBDリキッド使用中に結晶化した場合CBDリキッドを使い終わり、CBD結晶だけが残った場合 CBDリキッド使用中に結晶化した場 ...

③また違う日に試してみる

CBD はその日その時の体調コンディションによってかなり違います。

お酒もそうだと思います。直ぐに酔ってしまう時もあればどんどん飲めてしまう時もあります。

その時の、疲労具合や精神状態などにより捉え方が異なりますので、また別の日に CBD を摂取してみて下さい。

体調コンディションによって捉え方が違うことをわかっていただけると思います。

④30日間続けてみる

CBD (カンナビジオール)は、「継続」することでより理解を深めていくことに繋がっていきます。

カンナビノイド( CBD などヘンプ成分の総称)は徐々に体内に蓄積され、体内の情報伝達システム「エンドカンナビノイドシステム」を正常維持させます。

※エンドカンナビノイドシステムとは?
人・動物全てにある情報伝達システム。そのエンドカンナビノイドシステムの維持に有効なのがカンナビノイドであり、カンナビノイドは情報伝達物質。情報伝達物質の仲間にはドーパミンやアドレナリン、ギャバなどがある。

まずは30日間続けていただき、ご自身の体調にどのような変化があるのか、注意深く観察してみて下さい。

特に睡眠の質など、 CBD を摂取していなかった時との違いを比較してもらいたいです。

※個人差もありますが、継続することにより CBD を捉えにくくなってきた場合は、 CBD の摂取を数日間控えることにより、また捉えやすくなります。

⑤摂取量を確認する

CBD の一般的な標準使用量は1日あたり 25mg 程度と言われています。

個人差もあり使用目的も様々ですので、少しづつ様子をみながら摂取していただきたいのですが、「わからない」という人は大抵2~3回吸っただけで「わからない」と言われます。

25mg 摂取すれば確実にそれだけの量を摂取しているので、大抵の方は睡眠の質に違いを見出していけるでしょう。

25mg というのは CBD 500mg 配合のリキッドであれば 1/20 を摂取する必要があります。リキッド量に換算すれば 30ml 入リキッドならば 1.5ml、10ml 入リキッドなら 0.5ml になります。

一般的なVapeのクリアロマイザータンク容量が 2ml 入ですから、それなりの量であることがわかると思います。

摂取量も意識していただければ、 CBD の魅力をわかっていただけると思います。

⑥少し摂取量を増やす

お酒に強い人、弱い人がいるように、単純に「 CBD に強い」可能性もあります。

上記の2つを試しても CBD を捉えられない場合、摂取量(濃度)は大変重要なポイントになります。

CBD 摂取量を少しづつ増やし、ご自身が心地よい摂取量・濃度を見つけて欲しいと思います。

また Vape アトマイザーを RDA で直ドリップにすると違いも出てきます。

クリアロマイザーだと、アトマイザーに CBD が残ってしまいますが、RDA であれば CBD リキッドをより「濃く」摂取することが出来ます。

最後に

CBD の捉え方は人によって本当に様々です。CBD リキッドはそのリラックス性に注目させていることが多いと思いますが、リラックスだけではありません。

・リラックスはイマイチだったけど、集中力・パフォーマンスの維持に役立った、という方。

・長年悩まされた、睡眠障害(歯ぎしり)・偏頭痛に役立った、という方。

・特に体調の変化はなかったけどニコチン依存のイライラ・集中困難の改善に役にだった、という方。

・最初はほとんどリラックスできなかったけど、続けているウチにわかるようになってきた、という方。

ですので、まずはしっかり肺に溜め摂取量を調整しながら30日間続けていただきたいと思います。

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

No.1 PharmaHemp E-LIQUID CBD500mg PREMIUM BLACK LIME FLAVOR 10ml

ランキング1位に君臨する理由はスッキリとしたライムのフレーバーが美味なのはもちろんのこと、CBD 以外のカンナビノイドやテルペン類によるアントラージュ効果に大きな期待が寄せられるからです。これは単一の CBD リキッドとは別物といえる新感覚 VAPE リキッドです!

No.2 PharmaHemp CBD500MG 10ml #PEACH

爽やかでサッパリとしていて吸いやすいリキッドになっています。黄桃よりも白桃に寄せて作られたピーチの再現度が非常に高いフレーバー。CBD が入っているのも忘れてチェーンスモークしてしまう美味しさを是非とも体感してみてください。

No.3 PINK Koi CBD 1000MG (30ml)

PINK Koi CBD 1000MG はサッパリとしたフルーティーな味わいで、甘さとフレッシュさが絶妙なハーモニーを奏でる甘美なリキッド。おしとやかで耽美な匂いが魅力を放っています。万人受けする間違いのない CBD リキッドをお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ニッキー

Vapeにハマリ、CBDリキッドにハマり、気付いたらVapeショップで働いてた😍長年悩まされた睡眠障害から私を救ってくれた救世主CBD💕キッカケを与えてくれたvapeと共に恩返しがしたい😌

-CBDについて

Copyright© VapeMania , 2018 All Rights Reserved.