初めてでも絶対に失敗しない CBD リキッドの選び方

CBDリキッド よくある質問

初めてでも絶対に失敗しない CBD リキッドの選び方

投稿日:2018年11月9日 更新日:

悩んでる人
CBD リキッドのオススメは何ですか?
yuge
それはフルスペクトラム製品です!

VapeMania へお越しいただいたお客さまにオススメの CBD リキッドは何かと聞かれたら、CBD アドバイザーの僕はフルスペトラム製品をオススメしています。

理由は「間違いないから」ですが、今回は初心者でも絶対に失敗しない CBD リキッドの選び方として詳しく解説していきます。

CBD リキッドは大きく分けて3種類ある

  1. CBD 単一
  2. テルペン配合
  3. フルスペクトラム

この3種類の違いというのは CBD リキッドに含まれる成分です。

CBD リキッドは濃度で選ぶのではなくて成分で選ぶのが正解。

そういったわけで大きく分けた3種類の成分について見ていきましょう。

1. CBD 単一

CBD リキッドと呼ばれるものは基本的に CBD 単一のものになります。

ヘンプの茎もしくは種から成分を抽出し、CBD だけを分離して純度 99% の結晶にしたものが製品に使用されています。

2. テルペン配合

ヘンプには約200種類の テルペン という成分が含まれています。

CBD のほかに天然成分であるテルペンが配合されたものとなり、アントラージュ効果に大きな期待がもてる製品です。

3. フルスペクトラム

フルスペクトラムは CBD とテルペン類に加えて、ほかのカンナビノイド(CBC、CBG、CBN、CBV など)も含まれた製品です。

ビールで例えるなら一番搾り、オリーブオイルでいうならエクストラバージンと表現するのがわかりやすいかもしれません。

間違いのない CBD リキッドの選び方

CBD は「【これで解決】1日にどのくらい CBD を摂取するべきなのか?」でも説明した通り、いくら高濃度であろうとも、いくら摂取しようとも副作用などの問題は何もありません。

重要なのは CBD の感覚をつかむことなのです。

つまり、CBD リキッドの間違いない選び方として、もっともわかりやすい製品を選ぶということになります。

PharmaHemp PREMIUM BLACK

PharmaHemp PREMIUM BLACK

冒頭でもお伝えした通り、もっともわかりやすいのがフルスペクトラムの CBD リキッドです。

商品詳細 PharmaHemp PREMIUM BLACK

もしもご満足いただけなかった場合は、フルスペクトラムの固形ワックス を買い足しましょう。

フルスペクトラムの CBD リキッドでご満足いただけた場合、CBD 以外のカンナビノイドを必要としていない可能性があります。

ですので、次はテルペン配合のものを選びましょう。

NATUuR 420 with TERPENES

NATUuR 420 with TERPENES

フルスペクトラム製品の次にわかりやすいのが、ヘンプに含まれるテルペンが配合された CBD リキッドです。

商品詳細 NATUuR 420 with TERPENES

もしもご満足いただけなかった場合は、テルペンが配合された固形ワックス を買い足しましょう。

テルペン配合の CBD リキッドでご満足いただけた場合、テルペンも必要としていない可能性があります。

ですので、次は CBD 単一のものを選びましょう。

PharmaHemp E-LIQUID 5%

PharmaHemp E-LIQUID 5%

Vape リキッドを構成しているプロピレングリコール、ベジタブルグリセリン、香料に CBD のみを加えたものが CBD 単一のリキッドです。

CBD がきちんと捉えられなければならないので、もっとも濃度の高い 5% の製品がオススメです。

商品詳細 PharmaHemp E-LIQUID 5%

もしもご満足いただけなかった場合は、純度 99% の CBD パウダー/クリスタル を買い足しましょう。

5% の CBD 単一リキッドでご満足いただけた場合、濃度を下げてみましょう。

Koi 1000mg

Koi 1000mg

CBD 単一のリキッドでちょうど真ん中の濃度になるのが 3.3% の Koi 1000mg や CBDfx 1000mg です。

商品詳細 Koi 1000mg
商品詳細 CBDfx 1000mg

もしもご満足いただけなかった場合は、濃度が 4.2% の NATUuR 420 を買い足すか、もしくは PharmaHemp E-LIQUID 5% に戻しましょう。

CBD が 1000mg でも十分であると感じるのであれば、VAPE リキッドと混ぜて濃度を下げることも可能です。

デバイスで CBD の捉えやすさは変わる

VapeMania でオススメしているデバイス(CBD を摂取する機械)は、テクニカル MOD(RDA)と JUSTFOG FOG1 です。

どちらも CBD を摂取するのに適していますが、FOG1 よりもテクニカル MOD(RDA)の方がより CBD を捉えやすくなります。

さらに味が濃くなって CBD リキッドがより美味しく感じたり、ミストがきめ細かくなるので喉への刺激も軽減します。

CBD リキッドの消費を最小限に抑える こともできますので、是非テクニカル MOD(RDA)を使うことも考えてみてください。

CBD の蒸気摂取で絶対に失敗しないデバイスの選び方」でも言及した通り、テクニカル MOD(RDA)は蒸気摂取用の CBD 製品すべてに対応します。

まとめ:CBD リキッドの選び方

  1. フルスペクトラム
  2. テルペン配合
  3. CBD 単一
  4. 濃度を落としていく

この順番なら CBD リキッドの選び方で失敗することはありませんよ。

yuge
お試しください♪

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

【CBDワックス】PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC68 CBD680mg/1000mg

人気・実力ともにナンバーワン。CBD ジェルワックスならまず間違いのない、手放しで絶賛できる CBD ワックスです。。CBD がどのようなものか一度で知りたいというビギナーの方から、これまでさまざまな CBD リキッドを嗜んでこられたベテランの方までご満足していただけます。

No.2 Koi Spectrum Cartridge 1.0ml / CBD50%:フルスペクトラム CBD カートリッジ

手軽に超高濃度 CBD リキッドを楽しむのなら、MCT オイルベースの Koi Spectrum Cartridge がオススメ。ランキング No.1 のジェルワックスと何ら遜色のない満足感が得られますし、ジェルワックスを “すくい取る” というひと手間が面倒に感じる人には打ってつけです。

No.3 CBDFX Rainbow Candy 1000MG (30ml)

カリフォルニアからやってきた黒船、フレーバーに定評のある CBDFX Rainbow Candy が第3位にランクイン。Skittles(スキットルズ)というキャンディの味を再現した Rainbow Candy は、レモンとオレンジの風味がさわやかに鼻孔を抜けていった後にグレープが感じられるフレーバーです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuge(Store Manager)

yuge(Store Manager)

ドレッドヘアがトレードマークのベイパーです☆ Dead Rabbit SQ を乗せた iStick PicoFOG1 を愛用していて、好きなリキッドは最近ではサッパリとしたフルーティー系に傾倒してきています♪故にオススメの CBD リキッドは【#PEACH】と【PINK Koi】です!

-CBDリキッド, よくある質問

Copyright© VapeMania , 2019 All Rights Reserved.