CBD とテクニカル MOD(RDA)の相性とメリット・デメリット

CBDリキッド よくある質問 デバイス(本体機器)

CBD とテクニカル MOD(RDA)の相性とメリット・デメリット

投稿日:2018年9月27日 更新日:

悩んでる人
CBD を蒸気摂取したいんだけど相性のいい機械ってあるの?
yuge
こういった疑問に CBD アドバイザーの僕がお答えいたします。

CBD を蒸気摂取するにあたり、絶対に必要となるのが CBD を蒸気化させる機械です。

この機械のことを VapeMania では “デバイス” と呼んでいますが、ほかには “MOD(モッド)” “VAPE(ベイプ)” “電子タバコ” などといわれています。

基本的にどのデバイスでも CBD を蒸気摂取することはできますが、相性やメリット・デメリットがあるのです。

CBD ともっとも相性のよいデバイスは「テクニカル MOD(RDA)」となり、その理由をこの記事で詳しく解説していきます。

それではまず、テクニカル MOD と RDA について説明します。

ほかのデバイスとの相性が気になる方はこちらを参考にしてください。

CBD とデバイスの相性やメリット・デメリット

テクニカル MOD(RDA)

CBD を蒸気摂取するのにもっとも相性のいいデバイスは、テクニカル MOD と RDA との組み合わせであると VapeMania では考えています。

テクニカル MOD というのは温度管理機能がついたデバイスのこと。

RDA というのは Rebuildable Dripping Atomizer の略で、リキッドをドリップ(滴下)するタイプのアトマイザーになり、ドリッパーと呼ばれることもあります。

ビルド(コイルを自分で手巻きすること)してコットンを通す必要があり、タンク式のものに比べると手間はかかりますが、長い目で見たらもっともコストパフォーマンスに優れるアトマイザーです。

おすすめのテクニカル MOD と RDA

それでは CBD 製品との相性を見てみましょう。

CBD 製品とテクニカル MOD(RDA)の相性

製品 相性
CBD リキッド(単一)
CBD リキッド(フルスペクトラム)
CBD パウダー / クリスタル
CBD ワックス(固形)
CBD ワックス

CBD パウダー / クリスタル、CBD ワックスを「○」にしたのはリキッドと併用する必要があるからですが、基本的にテクニカル MOD と RDA の組み合わせは蒸気摂取用の CBD 製品との相性が抜群です。

それにテクニカル MOD は温度管理機能がついているからこそ、「CBD リキッドをもっとも効率よく摂取できるセッティング方法」が使えます。

っというわけで、次にテクニカル MOD を使うメリットを見てみましょう。

テクニカル MOD(RDA)のメリット

  1. CBD を効率よく摂取できる
  2. リキッドが漏れない
  3. CBD の濃度をすぐに変えられる
  4. 半永久的に使える
  5. コストパフォーマンスに優れる
  6. リキッド補充後すぐに吸える
  7. 味の濃さもミスト量も段違い

1. CBD を効率よく摂取できる

テクニカル MOD であれば CBD の沸点よりも温度を上げて、燃焼点を越えないという温度設定ができます。

CBD 単一の場合は195℃以上、ほかのカンナビノイドやテルペン類が含まれるフルスペクトラムなら215℃以上、そしてどちらも225℃までの設定がベスト。

詳しくは「カンナビノイドとテルペン類の沸点と CBD の燃焼温度」を参考にしてみてください。

2. リキッドが漏れない

CBD リキッドは決して安いものではありませんから、漏れてしまっては非常にもったいないですし腹が立ちます。

RDA はコットンにリキッドを染み込ませるので、そもそも漏れるという概念がないのです。

3. CBD の濃度をすぐに変えられる

これはフレーバーをすぐに変えられるともいえますが、コットンを交換するだけで濃度が違うリキッドをすぐに吸えます。

タンク式だとどうしても混ざってしまいますが、RDA なら濃度もフレーバーも混ざらずに異なる CBD リキッドを摂取できるのです。

4. 半永久的に使える

テクニカル MOD は基本的に電池式なので、本体が壊れない限り半永久的に使い続けることが可能です。

万一、マイクロ USB を差し込む部分が壊れてしまっても、バッテリーチャージャーがあれば電池の充電には困りません。

5. コストパフォーマンスに優れる

ワイヤーを使ってコイルを自作する方が、交換式のコイルを買い続けるよりもコストを抑えられます。

当店で取り扱っている Geek vape Stainless Steel Wire(1,280円)なら約 9m の長さがあるので、コイルを1つ作製するのに 10cm 使うとしたら90個も作れるのです。

iStick Pico 21700 with ELLO に付属している交換コイルは5個入りで2,200円ですから、交換用のコットンの出費を考えても RDA のコストパフォーマンスの良さは歴然です。

6. リキッド補充後すぐに吸える

交換式のコイルは外側からコットンが見えないので、リキッドがきちんと染み込んだのかどうかの判断がつきません。

そのため、リキッドを補充してからコットンに染み込むまで、数分ほど待つ必要があります。

しかしながら RDA なら染み込んでいく様子がわかるので、リキッドを補充したらすぐに吸えます。

7. 味の濃さもミスト量も段違い

RDA はコットンに染み込ませたリキッドをダイレクトに吸うことができるので味が濃いです。

ワイヤーの巻き数によって抵抗値を自在に変えられるので、ミスト量を増やして爆煙を楽しむこともできます。

ただ、CBD の摂取に爆煙はもったいないですから、VapeMania では非推奨でオススメしていません。

それでは最後にテクニカル MOD(RDA)のデメリットを見てみましょう。

テクニカル MOD(RDA)のデメリット

  1. 専門の知識が必要
  2. ビルドしなければならない
  3. リキッドの保有量が少ない
  4. リキッドを携帯する必要がある
  5. 大きくて重い

1. 専門の知識が必要

ワット数コイルの抵抗値温度管理機能などを使いこなすには専門の知識が必要です。

コイルを自作する “ビルド” も専門の知識となり、巻けるようになるまでに少しの時間を要します。

2. ビルドしなければならない

いくらコストパフォーマンスに優れるとはいいましても、やはりコイルを作製するのが面倒くさいという方もいらっしゃいます。

最初は巻くのに時間がかかると思いますが、慣れてくれば1~2分ほどで済む作業です。

上手に使えばコイルもコットンも頻繁に変える必要はありません。

3. リキッドの保有量が少ない

リキッドを保有するタンクがないので、コットンに染み込む量しか保有することができません。

とはいえ、CBD リキッドはチェーンスモークするものではないですし、VAPE リキッドに比べれば補充の回数は少なくて済みます。

4. リキッドを携帯する必要がある

リキッドの保有量が少ないからこそ、タンク式のアトマイザーに比べると補充の回数が増えます。

つまり、出先で CBD を摂取するのであればリキッドを持ち歩かなければなりません。

5. 大きくて重い

VapeMania でオススメしている iStick Pico 21700 と Vandy Vape MESH RDA の組み合わせだと、重量は約215g、幅が51mm、奥行き26mm、高さ101mm になります。

男性なら気にならない大きさかもしれませんが、女性の手にはギリギリ収まりきらない大きさです。

持ってみるとズッシリとした重量感があり、それを安定感と捉えるのならばデメリットにはなりません。

一番重い iPhone が XS Max で 208g ですから、スマホと同じくらいの重さと思っていただければ平気です。

テクニカル MOD(RDA)のまとめ

CBD を蒸気摂取するのに「テクニカル MOD(RDA)」が向いているのはこんな人。

  • 効率よく CBD を蒸気摂取したい
  • ご自宅で CBD の摂取を考えている
  • コストパフォーマンスが気になる
  • ビルドをいとわない

テクニカル MOD(RDA)はこれから長期にわたって CBD と真剣に向き合っていく人にピッタリなデバイスであるといえます。

CBD が初めての方でご購入なさる方もいらっしゃいますし、2台目として検討なさる方も非常に多いです。

特に JUSTFOG FOG1 をお持ちの方に人気があって、濃厚な味やミストのきめ細かさから「全然違う」「別物」といったご感想をいただいています。

CBD を蒸気摂取するにあたり、デバイス選びで一番の近道ともいえるテクニカル MOD(RDA)のお求めはこちらから。

商品詳細 iStick Pico 21700 with ELLO
商品詳細 Vandy Vape MESH RDA

yuge
ビルドしましょ~♪

Store Manager が選ぶ CBD ランキング

No.1 PharmaHemp E-LIQUID CBD500mg PREMIUM BLACK LIME FLAVOR 10ml

ランキング1位に君臨する理由はスッキリとしたライムのフレーバーが美味なのはもちろんのこと、CBD 以外のカンナビノイドやテルペン類によるアントラージュ効果に大きな期待が寄せられるからです。これは単一の CBD リキッドとは別物といえる新感覚 VAPE リキッドです!

No.2 PharmaHemp CBD500MG 10ml #PEACH

爽やかでサッパリとしていて吸いやすいリキッドになっています。黄桃よりも白桃に寄せて作られたピーチの再現度が非常に高いフレーバー。CBD が入っているのも忘れてチェーンスモークしてしまう美味しさを是非とも体感してみてください。

No.3 PINK Koi CBD 1000MG (30ml)

PINK Koi CBD 1000MG はサッパリとしたフルーティーな味わいで、甘さとフレッシュさが絶妙なハーモニーを奏でる甘美なリキッド。おしとやかで耽美な匂いが魅力を放っています。万人受けする間違いのない CBD リキッドをお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yuge(Store Manager)

yuge(Store Manager)

ドレッドヘアがトレードマークのベイパーです☆ Dead Rabbit SQ を乗せた iStick PicoFOG1 を愛用していて、好きなリキッドは最近ではサッパリとしたフルーティー系に傾倒してきています♪故にオススメの CBD リキッドは【#PEACH】と【PINK Koi】です!

-CBDリキッド, よくある質問, デバイス(本体機器)

Copyright© VapeMania , 2018 All Rights Reserved.